未熟に気がつかぬ未熟者。

未熟に気がつかぬ未熟者。

久々投稿。この春ちょっと思った事を書く。

未熟と年齢は関係無いが、とかく若い方が経験不足で未熟。故に判断を誤る。

情報を判断材料にするのは必然だが、決断するのは自分。その自分に未熟な自覚が無い者ほど、目の前の情報に左右される。

昔勤めていた会社の上司に「業種は方向性、会社は人間性で選ぶものだ」と言われた事がある。年齢を刻めば刻む程、この言葉の重みを痛感する。

選択を過去の自分の経験から得られた事から選ばず、名前や赤の他人勧め重視。永遠に自分の経験二の次で、永遠に薄っぺら。 だから永遠に同じ過ちを繰り返す。 むしろ繰り返している自覚も無い。

目の前の自分の大切な人を一番信用する。 極々単純で当たり前な事。その為には自分の目と心を信じる。 無題に時間がある昨今、無駄に時間を過ごさぬように。