熱く伝えたい!!アーカイブ

  1. 10人いたら6位くらいの人。
  2. 競技スポーツ中心停止の発生率
  3. 振り返って分かる人生のターニングポイント。
  4. 今週末は諸々決戦だぜ!
  5. 元プロスポーツ選手のセカンドキャリア
  6. 子供の野球肘は誰のせい!?
  7. 命にかかわる重症な貧血も有るんですから。
  8. 検査と診察はイコールじゃ無いぞ!
  9. 皆が分かっているのに、皆が分かっていない事。
  10. 車いすは手では無く、首と頭で漕ぐ理由。
  11. 新患が初診時ウソをつく確率。
  12. 烏合の衆の治療家・療法士たちよ、目を覚ませ!!
  13. 腕のイイ先生ほど院の近くじゃ無いモンだ。
  14. サービスって大手に居るほど学べず出来ぬものなのですね。
  15. 子供、老人相手に商売して儲けようって大っ嫌い!!
  16. どハマりオタクはダサいけど、ブレてる奴はもっとダサい!
  17. 自信は他人に付けてもらうものでは無い!自分でつけるもの!!
  18. 人生を変えたひと言、のひとつ。
  19. 三流ほど原因をなんでも炎症のせいにする。
  20. コーチとトレーナーの立場を今一度明確に。
  21. その治療、最小限であって最大限じゃ無いからね!
  22. 一番うれしい患者さん
  23. 分かりにくい事に立ち向かってこそ!
  24. 基本、原則は多因子多要因。
  25. 子供の治療を舐めてるわ
  26. 未だ減らぬ治療時機を逸して死亡した頭部外傷
  27. あなたは何で自己表現してますか。
  28. 治療家としてのプライドは何処へ
  29. 人格形成は学生時代のバイトにあり。
  30. 指導者じゃないですよ、そのコーチ、トレーナー。
  31. 努力に必要な日数
  32. ホントに危険な、その腰・首骨の矯正!!
  33. 等身大で今できる事を確実に。
  34. 総合的に診察診療出来てますか。
  35. なんちゃって治療家、トレーナー、アスリート。
  36. 子供のスポーツ障害のゴールって。
  37. 笑えない、その人としてのレベル。
  38. スポーツ業界の闇
  39. 箱根駅伝を診るという事。
  40. 交通事故で最も後悔するポイント
  41. 改めて子供に一番必要なもの。
  42. 頭部外傷小児に対するCT検査の問題について。
  43. 決めたんです、病院で治らない人と向き合うって。
  44. 骨・肉痛いの、何故骨・肉だけ治せば良いと思うのか。
  45. お花見宴会は良いのですが...
  46. 運動プログラムは身体面だけでなく認知面も。
  47. 筋膜とか促通とか受容体とか。
  48. 仕事に行くたくないのか、会社に行きたくないのか?
  49. 肩書と経験
  50. ケアとかメンテナンスとか。
  51. 大所帯なら休日を、個人事業なら勤勉を。
  52. 保険制度は誰の為!?
  53. 子供部活でトレーナーって本当に必要か?!
  54. カイロプラクティックが嫌いになった訳
  55. 今度はコンビニ治療院
  56. それって大人の悪ふざけ!
  57. 裏表ある人の方が素敵ですか?!
  58. 自分の実力で勝負しろ!
  59. 施術レポート、患者体験談って。
  60. 安いところじゃ無くて、治すところ探せ。
  61. 採用出来ない職種と資格。
  62. 勝つという事。
  63. 能力と脳力
  64. それはオトナじゃなくて、歳とったコドモ。
  65. 一目でわかる、あり得ない骨盤骨格矯正法
  66. 学生時代から全く興味が無い事。
  67. ちゃんと治す事の出来ない大人たちへ。
  68. どうすれば治るか?じゃない思考。
  69. 患者がやってくるその理由。
  70. 趣味で素人!
  71. 治療家に一番不適切な年齢。
  72. HOPSとかSOAPとか。
  73. 指導者が治療する危険
  74. 屋号に込めた思い
  75. 知識止まりの治療院
  76. スポーツは人生で最も大切な事を学ぶ場所。
  77. 体育会系じゃ無いスポーツ系。
  78. 凄い事、凄くない事。
  79. ケガと障害はまったくもって違うもの。
  80. 目を覚ませ!治療家!!
  81. 熱き思い
  82. 行くべき所、近寄るべきではない所。
  83. セカンドオピニオンとドクターショッピングの違い
  84. 代わりのいない自分になりなさい
  85. 業種は方向性で、職種は才能で、そして会社は人間性で選ぶもの。
  86. 変形性膝関節症の推奨非薬物療法。
  87. 大切な笑顔は誰の笑顔か。
  88. 個性と情報、知識と凶器。
  89. それは寄せ集めの人生である。
  90. 学生トレーナーが絶対就職したくないところ。
  91. 真のスポーツマンはいづこへ。
  92. 情報と経験と知識
  93. 痛みの種類の知識
  94. もっとも子供を連れて行ってはいけない病院
  95. 資格・知識で治るなら、医師病院以上は無い!!
  96. 野球肘とスポーツドクター
  97. 治療している自分、指導している自分に酔ってはダメなのだ。
  98. 今でも心に響く自動車メーカーのキャッチコピー。
  99. 治療の学校と生徒の温度差
  100. 今よりさらにより一層動けるようにしますから。
  101. 学習と勉強
  102. 自分の人生より患者の人生と思っていた自分が間違えか...
  103. 求人募集と豊かな心。
  104. 前向きに考える人間と、後ろ向きに考える人間。
  105. 本当のスポーツ障害の治療をしたい鍼灸師・柔道整復師達へ。
  106. 変形性膝関節症に対する膝関節鏡視下手術の有用性。
  107. 骨を治す骨のある人が柔整師・柔道整復師。
  108. 日本人は資格に幻想を持ちすぎ!に同意。
  109. スポーツトレーナーの道に進まなかった理由。
  110. 初診で治る、治らないを見極める。
  111. 体幹トレーニング、コアトレ、ファンクショナルトレーニング
  112. パーソナルトレーナーごっこがブーム?!
  113. 椎間板ヘルニア、腰痛、手足のしびれは勉強で治る。
  114. 病院を何軒も渡り歩く罪と罰。
  115. 本気本物じゃ無い治療家、スポーツトレーナー。
  116. 骨粗鬆症であっても今は骨癒合促進があるんです!
  117. 筋肉痛と肉離れの根本的な違い。
  118. 素晴らしい先生達を失わない為に。
  119. スポーツ障害を真剣に考えているのは子供。
  120. ネットで何でも知った気?ダメ人間。
  121. 医療系若者って騙されやすい。
  122. 深夜営業24時間フィットネス。
  123. エセ体育会系に要注意!
  124. 人生で最も悲しい事。
  125. 電気とマッサージとストレッチでホントに治ると思っているのか!?
  126. 外傷と障害と保険診療
  127. 資格をとるのは目標か目的か。
  128. サービスが出来ないサービスする仕事の人
  129. 自転車、サーフィン、ランニングみんな一緒。
  130. 絶対スポーツが上手くならない子供の親の特徴
  131. アスレティックトレーナー
  132. 人工関節置換後の痛み
  133. 我が道の治療
  134. 打たれ弱いから、失敗し落ち込むのだ!
  135. 診察、診断のスキル
  136. パーソナルトレーニングプログラム作成
  137. 巷の酸素カプセルって効果無し!
  138. この5年で飛躍的に進歩した運動理学。
  139. プロの患者の女の子から学んだ事。
  140. それが我々接骨院、柔道整復師。
  141. 腰痛の手術の前に理解せねばならない事。
  142. 大学、駅伝、陸上部。
  143. 整体院の知人から...
  144. 不正、愚行な保険診療。
  145. 毎日来させる治療に疑問を持たぬ同業者。
  146. 今どき整体院に見る治す側の本音。
  147. チームワークの欠片も無い自己主張。
  148. 私が此処を選んだ理由。
  149. 趣味のスポーツ、競技のスポーツ。
  150. 看板だけのスポーツ治療を見極める!
  151. トボけた思い込みで本末転倒。
  152. アスリートサポートプログラム再募集!
  153. スポーツ、運動障害は信頼から。
  154. 賢い格闘家、賢くない格闘家。
  155. スポーツクラブが裏目。
  156. 完璧ウチはノンジャンル。
  157. 閉院しますって。
  158. 子供のスポーツ、お母さんが大事!
  159. IOC理事会、レスリング除外と意義。
  160. 足底・かかと・アキレス腱炎ランナー