子供に音楽習わして学力向上するか否か。

子供に音楽習わして学力向上するか否か。

学力、知的能力を高めることを目的に子どもにピアノなどを学ばせて、果たして効果は見込めるかどうなのか?

英国で解析対象者総計6,984人、平均年齢は6.45歳、音楽教育を受けた期間の平均は53.37時間、29.29週、53.43セッションで、音楽教育と子どもの認知能力や学業成績との関連を検討した研究報告。

結論から言うと、解析の結果、音楽教育は、年齢やトレーニング期間に関係なく、子どもの認知能力(言語的/非言語的能力や処理能力など速度に関連した能力など)には何の影響も及ぼさない可能性が示唆されたそう。

それでも、音楽教育により、社会的スキルや自尊心の向上などが見込めることを考えると、音楽教育は子どもにとってメリットがあると言える。また、計算を伴う記譜法といった音楽の特定の要素が、他の分野での学習に役立つ可能性があると研究者の先生は述べていた。

子供はね、大人の様な打算は無いからね。 楽しくが一番!