子供の頃、大人はみんな大人だと思っていた。

子供の頃、大人はみんな大人だと思っていた。

子供の頃、大人になれば皆大人なるのだと思っていた。だが実際は大人じゃ無い大人が多い事に嘆く。

周りの人間の事などお構いなしに、縦横無尽に歩き回り走り回り、運転する。まるで幼い子供のように。

今、自分がしたい目の前の事しか頭に無い、おもちゃを握りしめ離さぬ乳幼児の様な大人。俗に言う、趣味にドハマりしている大人も同じ。

一度、周りの人間に、自分は普通か変か、いったい他人から見たらどんな人間か聞いてみればよい。得てして変な人間ほど、自分は普通の人間だと思っている。

趣味や遊び頑張って凄いですねと言うが、好きな事も頑張れなきゃ問題外で子供以下。

悩みや問題があれば解決する努力をする。努力せず他人任せにすれば、答えは自ずと遠のく。普通の事を普通にできるから大人。 普通の大人になりたいものである。