外国人の患者さん。

外国人の患者さん。

昨日も久々外国の新患さん。 まぁ常にお一人、お二人、日本以外の方はいらっしゃるのだが、皆さん日本語達者で素敵ですわ。日本語分からない日本人もいるぐらいなのに。

数年に一度ぐらい、外国人のプロスポーツ選手なんてのも問い合わせ来るが、正直断る。言葉もそうだが、普通以上が出来る準備がまるで無い。そもそもプロスポーツ選手大好きなら、前職辞めてないし。

ウチの専門は、筋骨格系起因による慢性運動器疾患。 昨日来た患者さんも、自国には其専門のクリニックがあるが、日本には無いという。以前も外国人の患者さんに同じ事を言われた。

恐らく現在でも日本には殆ど無く、あったとしても一般的では無い為、患者側に概念が無い。だから、稀ではあるが理解する能力に欠ける者がすぐ来なくなる。理解できぬのだから致し方無い。

余程の事が無いかぎり、誰でも一歩は踏み出せる。問題はそのタイミングと、踏み出す場所。それを考えるのは頭。

新たなものを手に入れるには、新たな努力をせねばならない。それは心身ともにだ。 精神と肉体、さて変わらねばならないのはどちらであるか?! 其処が問題である。  今日も新たな一歩の為に。

#プロ選手 #スポーツ選手 #外国人選手 #慢性運動器 #スポーツ障害 #ランナーズニー