猫に九生ありは本当でした!

猫に九生ありは本当でした!

「猫に九生あり」 猫には沢山の命があって、9回も生まれ変わることができると昔から言われているが、どうやらまんざら嘘じゃなかったらしい。

オーストラリアの大学の研究で、毒ヘビに咬まれた場合、ネコはイヌの2倍も生存率が高く、そイヌの方がネコよりも、ヘビ毒による血液の凝固速度が速いからという理由だと言う事が分かったと報告があった。

オーストラリアでは、ペットのヘビ咬傷の76%がイースタンブラウンスネークによるもので、抗毒素(血清)による治療を行わない場合の生存率は、イヌの31%に対し、ネコは66%と約2倍である。抗毒素による治療を行った場合でも、ネコの生存率の方が有意に高いが、その理由はこれまで不明であったが、今回の研究で分かったそうだ。

ペットは家族、事故など遭わぬよう、気をつけましょう。