スポーツをする資格の無い人間。

スポーツをする資格の無い人間。

子供の頃、好き嫌いを無くしましょう、人の嫌がる事をすすんでやりましょうと教わっただろう。 しかし大人になると、とやかく言う人間もいなくなり、金も時間も自分の自由になるからやりたい放題。 我慢なんて子供の数分の一。

小生的にはこんな時でも、こんな時だからこそスポーツ、運動は必要だと思うが、時と場合、場所による。 

ジョギングなんて全然大丈夫と思うが、人混み走って飛散はマズイ。ましてわざわざ混んでる時間の川沿い走るのはマズイ。

ゴルフなんかも良いとは思ったが、打席がいっぱいあって、多くの人が施設に集まると言うのが問題らしい。閉めてらっしゃる練習場の方は偉い。

テニスなんてのも、あのコートの広さに二人、四人。それでも数面あって、掛ける人数で多数だから自粛。ご苦労お察しします。

卓球、バトミントン、バスケやバレーボールの患者さんたち。インドで密だから今が我慢で、泣いてますわ。

問題は、子供でも学校、部活我慢しているのに、お構い無しな大人たち! スポーツをする資格など微塵も無いゲスな者たち。そんな者たちが当たり前のようにスポーツ語るような国に、オリンピック成功などあり得ない。

スポーツとはちょっと違うが、昨日ニュースでこの連休、道志峠に普段と変わらず大勢のバイカーが訪れ、しかも事故が多発しているという記事を見た。皆小生と同世代のオッサン。 本来は若者の見本にならねばならぬ世代なのに、我慢が出来ぬ、駄目な世代。 

安全と健康、どちらも同じだけ重要であり、バランスである。 あと少し、辛抱。