キャンプと安全意識と中高年。

キャンプと安全意識と中高年。

類は友を呼ぶと言うが、先日知人の飲食店に行った時、お客がみんな出るとき入るときマスクをしたり外したり、手を消毒したりをシッカリやっていた。いつもきっちり清潔にしている店長の元には、自然とお客も意識の高い人が集まるモノなのだと感心した。

昨今のウィルス的な問題、意識の低い人間のせいで広まってしまったのが基本。しかも、悲しいかなその殆どの人間が子供や若者では無く、同世代の中高年。 馬鹿だ!

不特定多数、見知らぬ大人数の屋外より、気心知れた少人数の店舗の方がよほど安全。キャンプ場が大賑わいらしいが、度を越した混雑に一抹の不安を抱くのは小生だけか?!

大人数の集まるところは自粛と言われているにも関わらず、ゼロか100しかできない思考の人間が世の中こんなにも多いものなのか。小生も含め、どの個人商売は困窮の一途。本当に嘆かわしい。

意識の高いところへは、意識の高い者が集まる。逆もまたしかり。良くも悪くも類が友。まだまだ自分を高めなければである。