1日1個の卵は健康に良いのか悪いのか。

1日1個の卵は健康に良いのか悪いのか。

卵を1日1個食べても心臓に悪影響はないという研究報告がカナダから。ほとんどの人において、たとえ心血管疾患や糖尿病の既往歴があっても、1日1個程度の卵の摂取で心血管疾患リスクや死亡リスクが増大することはないというもの。

3件の大規模国際研究のデータを解析した研究で、解析対象者は、6大陸50カ国の総計17万7,000人以上。その結果、卵の摂取量と死亡リスクや心血管疾患リスクとの間に有意な関連は認められなかった。また、卵の摂取量と血液中の脂質やその構成成分、あるいはその他のリスク因子との関連も認められなかったそう。

卵のコレステロール値は高いが、その一方で、必須ビタミンやミネラル、非常に良質のタンパク質などが豊富に含まれている。その上、安価であり、砂糖や着色料、保存料、人工香料も加えられていないと、長所の多い卵。だからと言って食べすぎには勿論ご注意を。