新規電話問い合わせの後悔と反省。

新規電話問い合わせの後悔と反省。

昨日は新患電話が異常に多かった。かかって来ない時は数日全くかかって来ない時のあるのに。

スタッフが手いっぱいの時は当然小生も電話に出る。まぁ稀だが。しかもそれが新患に当たる事など年に1、2回有るか無いか。 昨日はタマタマ出た電話が新患さんで、しかも沖縄から。コレは驚く。

女性の方なのだが、長年首が悪いらしく、やっと良さそうなところにつけて電話くれたと。とても嬉しいのだが、話しを聞くとどうやら外科的な問題ぽく、専門の病院を探されるように説明し、長くなっても電話代もかさむので電話を切った。

だが電話を切った後、後悔した。電話代がかさむとか、専門医だとか説明したが、本当は此方が忙しかったから切ってしまったのではないかと。

数年前に愛知県の常滑に住む中学生から、学校で講師をしてほしいと電話がかかって来た事があった。遠い事や交通費の事を説明し、大人と相談してまた電話ちょうだいねと電話を切った。此れも未だに後悔している。

偉そうに常識的に、一般的に話したが、何故もっとウチにしか出来ない事を話せなったのかと。子供がネットで検索し、損得無しにこの先生がよい!と思ってくれた気持ちに答えられなかったのかと。もう一度かかってきたら、交通費も何も無しで行くつもりだったが、残念ながらかかって来なかった。

説明した時のその中学生の残念そうな声、昨日お断りした時の女性の悲しそうな声が、今でもずっと耳に残っている。

反省と後悔が尽きぬ。まだまだ未熟である...

 

#反省と後悔 #新患 #新規問い合わせ #遠方患者 #誠心誠意