犬のいる生活とフレイルの関係。

犬のいる生活とフレイルの関係。

日本の東京、しかも大田区からという、すっごく親近感のあるところからの調査研究から、犬を飼ったことがある人は、フレイル(以前で言うロコモ的な)になりにくい可能性が、日本人の高齢者を対象とした検討から示されたと報告が。

東京都大田区の住民を対象に、2016年に登録された65歳以上のフレイルでない地域住民7,881人のうち、2018年の追跡調査で再評価が可能だった6,197人(平均年齢73.6±5.3歳、うち女性53.6%)を調査。

凄く細かく、様々な角度から調整等を行ってデータを精査した報告でした。全てコピペも何なので止めとくが、「犬を飼育する経験は身体活動量と屋外で過ごす時間を増やすため、高齢者の身体的・社会的機能を高く維持することにつながり、フレイルリスクを抑制する上で重要な役割を果たす可能性がある」と研究者の先生が述べておりました。

わんちゃんと共に健康に。

#フレイル #ロコモ #ペットのいる生活 #お散歩 #丈夫な足腰