体重増加とマイカー出勤

体重増加とマイカー出勤

多くの方が明日から新年初出勤。そこで、今年こそは痩せたい!と思う人向けネタを。

通勤手段を変えるだけでも体重増加を抑制できることが、約3万人の日本人を5年間追跡した国立国際医療研究センターが研究発表されていた。通勤手段の違いによるBMIへの影響力は、余暇や仕事中の身体活動の多寡にかかわらず認められたそう。

調査対象は、2006~2010年度にかけて定期健康診断を受診た、通勤手段の情報が得られた30~64歳の2万9,758人。通勤手段で、1.ベースライン時点と5年後の両時点ともにマイカー(自動車やバイク)通勤の群(1万4,704人)、2.公共交通機関または徒歩・自転車からマイカー通勤に替わった群(2,485人)、3.マイカー通勤から公共交通機関または徒歩・自転車に替わった群(2,359人)、4.両時点とも公共交通機関または徒歩・自転車の群(1万210人)の4グループに分け、BMIの変化を5年間追跡した。

5年間のBMI変化が最も少なかったのは、4の公共交通機関または徒歩・自転車による通勤を維持した群で、BMIは0.01の増加にとどまっていた。2番目に変化が少なかったのは、3のマイカー通勤から公共交通機関または徒歩・自転車に替わった群で、BMIは0.10増加していた。3番目は1のマイカー通勤を維持した群、最も大きく変化していたのは2の公共交通機関または徒歩・自転車からマイカー通勤に替わった群で、BMIはそれぞれ0.19、0.24増加していた。

車通勤、やめましょう。 ハイ... (-_-メ)