教育の恐ろしさ

教育の恐ろしさ

今朝、NHKのニュースで104歳で亡くなった、お兄さんが二二六事件にかかわったお婆さんの話しをやっていた。強く、教育は恐ろしいとおっしゃっていた。

一昨年に97歳で無くなった祖父は、自分の部隊を持って南方に行った。その時の事が今でも夢に出てき、頭から離れず、昨日の事のように話してくれた。

当時、入ってくる情報は嘘ばかり。それでもその時は気がつかず、数年経ちその時初めてその嘘に気がついたと。 そう教育され続けていたのだと。

その嘘は現在でも繰り返されている。学生はその嘘を見極める能力が無く、それらを教える20代30代は、嘘を教えている自覚も無く、そして40代50代はその腐った恩恵を実は誰よりも受けている現実。

紙の上では、パソコンの画面では決して学べぬ事。他の誰のものでも無い自分の人生、自分の人生くらい自分の目と耳で決めて欲しい。そして自分の内面にある、本当に自分がやりたい事、すべき事を見つけてほしい。 流行り、ブームに流された悲しい人生など歩まぬように。

#教育の恐ろしさ #二二六事件 #戦争 #自分の人生 #やりたい仕事