すり減った軟骨が自己再生できる可能性。

すり減った軟骨が事故再生できる可能性。

「血液が供給されないからといって軟骨は再生しないわけではない」

そんな言葉が過去のものになるかもしれない。 米国の研究で、サンショウウオが四肢を成長させるのと同様の分子プロセスで、人間にも軟骨をある程度、再生させる能力が備わっていることを突き止めたと。

関節のクッションの役割を担う軟骨には血管がなく、血液が供給されない。そのため、従来、けがや老化による軟骨の損傷は修復できないと、長年考えられてきた。今回の研究では、新しいタンパク質にはアミノ酸変換がほとんどないのに対し、古いタンパク質では多くのアミノ酸変換がみられることを前提に、手術を受けた患者から採取した関節の軟骨組織サンプル中のタンパク質を分析したそう。

その結果、足首の軟骨には新しいタンパク質が最も多く含まれていた一方で、膝関節の軟骨にはそれほど新しくない「中年期」のタンパク質が多く、股関節の軟骨では古いタンパク質が多いことが分かった。このらの事から、関節の再生能力は足首の関節が最も高く、股関節が最も低く、膝関節はその中間に位置することが示されたと報告されていた。

組織を再生する能力がある動物は、敵から噛まれやすい末端の部位で修復能力が最も高いのではないかと、研究者の先生は述べていた。

此れ以上難しい事を書くのはやめておくが、更なる医学の進歩を期待するとともに、研究者の先生方に感謝である。

#軟骨再生 #血液供給 #自己再生 #関節軟骨 #変形性膝関節症 #運動療法 #スポーツ整形 #スポーツ整体