低体温療法で脳保護効果

低体温療法で脳保護効果

心停止から蘇生した患者に対する低体温療法は、これまで考えられていたよりも多くの患者を救える可能性があると、フランスから。

実は一昨日早朝、小生の父が脳的な問題で救急搬送されまして。幸い大事な至らなかったのですが、ホントにもう、諸々言う事聞かない父親でして。まぁそっくりと言えばそっくりなのですが。

数年前にも、雪かき熱心にやってぎっくり腰になったと言ってやって来た年配男性が、脳梗塞だった事も。そん時もどんなに説明しても信じなかったし。 症状が軽かったからと言って喜べる話しじゃないんですよ、脳問題は。

先述のフランスの先生方の研究で、心電図波形が「ショック非適応リズム」の心停止患者に低体温療法を実施したところ、標準的な治療を行った場合に比べて、蘇生後に良好な脳機能が保たれる確率が約2倍に上ることが分かったそうだ。

詳細は割愛するが、世界中の先生方のご努力には心底感謝致します。 安全と健康は最優先。peace

#脳血管障害 #脳梗塞 #心停止 #心肺蘇生 #リハビリ #運動療法