長く痛くて落ち込むのは当たり前じゃないお話し。

長く痛くて落ち込むのは当たり前じゃないお話し。

長引く痛み「慢性痛」では、気分が落ち込み「抑うつ状態」になる事がよくあるが、それらがあたかも当然と思われがちなだったのだが、北海道の大学の先生の研究で、脳内で分泌されるCRF(コルチコトロピン放出因子)という物質が脳内報酬系を抑制するために引き起こされることが新たな研究でわかった。

研究ではCRF受容体拮抗薬を投与し、CRFの働きを抑制する実験を行った。すると、CRFを抑制すると慢性痛により生じていた神経情報伝達の変化が回復することが確認できたそう。

ドパミン神経の活動低下はうつ病と関連すると考えられており、慢性痛によってドパミン神経活動が低下することが報告されている。今回の検討の結果、乱れた神経情報伝達の遮断によって、ドパミン神経の活動が上昇することが明らかになった。

これからも多くの研究の先生方によって、様々な問題の解決に期待しております。

#慢性痛 #快情動 #神経伝達 #情動行動 #扁桃体 #スポーツ障害