コンタクトスポーツの神経変性疾患

コンタクトスポーツの神経変性疾患

英国の大学の研究で、スコットランドの元プロサッカー選手7,676例を対象とした後ろ向き適合コホート研究の結果、元プロサッカー選手は、神経変性疾患による死亡率が高く、認知症関連治療薬の処方率も高く、一般的な疾患での死亡率は低いことが示されたそうだ。

今まで神経変性疾患は、他のコンタクトスポーツのエリート選手で報告されているが、元プロサッカー選手の神経変性疾患の発症率については明らかにされていなかった。

スコットランドの選手データベースから、元プロサッカー選手7,676例と、性別、年齢、社会的剥奪(social deprivation)の程度で適合した一般住民の対照コホート2万3,028例について、後ろ向きコホート研究を行い、神経変性疾患死亡率を比較したそう。

その結果、中央値18年以上の追跡において、元サッカー選手群では1,180例(15.4%)が、対照群では3,807例(16.5%)が死亡した。全死因死亡率は、70歳までは元サッカー選手群が対照群よりも低かったが、その後は逆に高かった。

虚血性心疾患による死亡リスク、肺がんによる死亡リスクともに、元サッカー選手群が対照群に比べ有意に低かった。一方で神経変性疾患による死亡率は、元サッカー選手群1.7%、対照群0.5%で有意に高率だった。

ちなみに元サッカー選手の中で、神経変性疾患が死因・要因の割合は、元ゴールキーパーと元フィールド・プレーヤーで有意差はなかったそうだ。

悪い話しを書いてしまったが、フルコンタクトするスポーツの方は引退後も健康には十分ご注意ください。m(__)m

#神経変性疾患 #コンタクトスポーツ #認知症 #スポーツ障害 #安全と健康