運動し過ぎの脳のデメリット。

運動し過ぎの脳のデメリット。

小生は世界で一番フランスが、スポーツの研究と環境が優れていると思っている。そのフランスから、先週興味深い報告があった。

持久的スポーツの男性アスリート37人(平均年齢は約35歳)を対象に、3週間にわたって通常のトレーニングを行う群(18人)と1回当たりのトレーニング負荷を40%増やして行う群(19人)に割り付けて観察した。

fMRIを使って、脳の活動に関連した血流動態反応を検査した結果、トレーニング負荷を増やし、疲れ果てるまで自分を追い込んで運動した群では、物事を判断する際に重要な役割を果たす脳領域の「外側前頭前皮質」の活性が低下していることが分かった。また、金銭的な意思決定能力を評価したところ、運動負荷を増やした群では、時間がたてば獲得できる大きな報酬よりも、即座に得られる目先の報酬を獲得しようとする確率が高く、より衝動的な行動がみられたそうだ。

物事を判断するには脳神経の状態が重要であり、脳が疲労した状態である時には、いつも通りの判断はできないことを意味する。今回の研究から、過度のスポーツトレーニングが影響するのも同じ脳領域であることが分かったと述べられてもいた。

まぁ、常々言ってるとおり、何事も程々デスわ。

#fMRI #トレーニング #過負荷 #脳血流 #ドハマり #スポーツ障害