スポーツ整形のその次。

スポーツ整形のその次。

その昔、数十軒のスポーツ整形と仕事で付き合っていた事がある。 昔の話しなので、それから大分進化、進歩しているだろうが、それでも患者から聞く言葉は相変わらず変わらない。今月も2回、同じ言葉を聞いた。

「特に何もしてくれない」と。

その病院のHPを覗いてみると、どこも立派で、"○○チーム専属"だとか、"経験豊富なトレーナーが"とか満載。 あのね、どんな分野だって、ホントに凄いところはそんな事書かぬのが世の常ダカラ。 ウチは絶対書かないから、そんな事。 まぁ書けるような立派な事してないし...

何処の院も、ウチはどこよりもちゃんとやってる、質が高い!と思っている。 確かにやっていないとも、質が低いとも言わないが、温度差の問題。自分が勉強したいのか、商売したいのか、客寄せしたいのか、売名したいのか。その気持ちは自分より患者の方に向いているのか!? 其処のところを患者に見透かされているのである。

30代のスポーツ整形に勤めていると言うPTが、以前二名ほど雇ってほしいと来た事がある。人間的には問題無いが、雇えなかった。 技術や知識、経験以前に身につけなければなら事を、本人たちが理解していなかった。

ウチが他と自信を持って絶対的に違うと言い切るところ、万人に理解してもらえぬかもしれないが、一人でもいるうちは全力を尽くそう。 今日もまた。

#スポーツ整形 #スポーツ整体 #スポーツマッサージ #運動療法 #スポーツ障害 #スポーツ外傷