マラソン、駅伝 ランニング。

マラソン、駅伝 ランニング。

昨日は数年に一度必ずやってくる、心がざわつく一日だった。

難しい患者と、良い意味で険しい患者。 骨格とか筋肉とかどの部位とか、癖だ動きだフォームだでは無く、お互いで此れからその問題にどう向き合っていくかでとても悩んだ。昨日は何人もそんなんで一日久々ヘトヘトで、逆になかなか寝付けなかった...

一人は大学、学生、駅伝部。彼とはもうかれこれちょうど二年付き合っているのだが、当初からコンディションを管理して欲しいとの依頼。珍しいケース。

過去何十人も大学駅伝部の子たちが来たが、一年以上来たのはたった二人。 駅伝部の限った話ではないのだが、中高生より大学生が一番ちゃんと来ない。まぁ小生の努力不足なのだろうが、何故か。

一年付き合い、お互いしっかり方向性が見え、この春からグングン伸び、ずっと部内下位だったのだが、この夏はガッツリAで。 彼からは学ばせてもらう事が多く、改めてどちらか一方では無く、お互いでと気づかされる。

どの患者も、何軒もの病院・治療院を渡り歩いて来る。知識や理論で治るなら、とっくに他で治ってる。その一番大切なところに気がつくか気がつかぬか、そしてそれを一番にして学ぶところを選ぶか、通うところを選ぶかだ。 こればかりは気がつかぬ者は、一生気がつかぬのだが。

目の前の事だけに捕らわれぬように。学びたいのもまた欲なり。

#箱根駅伝 #駅伝部 #ランニング #マラソン #スポーツ整形 #スポーツ整体 #ランナーズニー