肥満で脳が老化。

肥満で脳が老化。

米国の研究で、平均年齢64歳の男女1,289人を対象にBMIとウエスト周囲長などを測定し、平均で約6年後に脳MRI検査で評価した大脳皮質の厚みや脳容積との関連を調査した報告が上がっていた。

それによると、中年期から初老期にかけて過体重や肥満だった人は、脳の老化が10年以上も早まる可能性があることが分かったそうだ。(ムムム...)

この期間中にウエスト周囲長が大きく、体格指数(BMI)が高い人は、加齢に伴い、記憶や思考などで重要な役割を果たす大脳皮質(灰白質)の厚さが薄くなる確率が高まることが分かったんだそう。お年頃的に、もろもろ薄いという言葉には敏感でアリマス、ハイ。(笑)

ウエスト周囲長が大きいほど大脳皮質は薄くなり、より弱い関連ではあるが、BMIとウエスト周囲長はいずれも脳容積の萎縮と関連していることも明らかになったと。脳が薄くなって、腹肉が厚くなって... ん~、宇宙の神秘を感じますわ。 感じねーか。

他人事ではね~ですわ、旦那!!

#肥満 #メタボ #中年 #油断大敵 #物忘れ #運動療法