国語力の無い、烏合の衆な大人たち。

国語力の無い、烏合の衆な大人たち。

8月後半、此れからスポーツ障害の患者が増える。 春に飛ばし、梅雨時不調になり、安近短で誤魔化し悪化しやって来る。 正直、言う事を聞かなう患者が多いのもこの時期。

治らない原因を見つけてもらえてない、見つけてくれる先生に出会っていない。 見つけてくれる先生に出会いさえすれば、原因さえ見つけてくれさえすれば、且つ、それに合う体操を教えてくれさえすれば、その体操を自宅で自分でやりさせすれば治ると思っている。 そんな魔法な体操があれば、世の中から腰痛・関節痛の患者はいなくなるわ。 浅はか。

やる時はやる、我慢する時はやめる。 「オレは我慢する時は我慢してるし」と言う人間ほど痛める。 やっていない奴ほど、やってると言うのは世の常。

我慢してやめているのではなく、やめるという選択肢を取りたいからやめているだけ。 ネットの受け売り情報や、烏合の衆情報交換での言動人間の典型例。 そして医師の言う事に耳を貸さず悪化しやって来る。 当然小生の言う事も、興味の無い事は右から左へスルー。 ん?左から右か?! まぁ、どちらでもイイわ。

若者たちよ、歳を取っただけの頭の悪い大人だけにはならぬように。

#スポーツ障害 #スポーツ外傷 #運動療法 #スポーツ整体 #スポーツ整形