たった一日マイナス300kcalだけで!

たった一日マイナス300kcalだけで

健康的、適正体重を少しオーバーしている人では、摂取カロリーを一日300kcal減らすだけで、コレステロール値や血圧、血糖値を改善し、糖尿病や心疾患リスクを低減できる可能性があるという研究方向が米国から。

BMI22.0〜27.9kg/m2の肥満ではない21~50歳の成人男女218人を、1日の摂取カロリーを25%制限する群(143人)と、自由に食事を摂取する群(75人)にランダムに割り付け、2年間にわたるカロリー制限が健康に及ぼす影響について調査したそう。

その結果、カロリー制限群では、指示された25%を達成できるかどうかには差があったが、摂取カロリーが平均で11.9%(1日約300kcal)減り、体重は平均7.5kg減少し、その71%は脂肪だった。一方、対照群では0.1kgの体重増加が認められたそうだ。

それ以外にも、2年後のコレステロール値や血圧、血糖値、そのほかの代謝疾患のリスクマーカーの値が、研究開始時に比べ有意に低下し、さらに、C反応性蛋白の値やインスリン感受性など、心疾患やがん、認知機能低下に関連する慢性炎症のバイオマーカーの値も、研究開始時に比べ有意に改善していたという。

厳しいカロリー制限では無くとも、夕食後にスナックを食べないようにするといったちょっとした努力で、カロリーを減らす事は出来、それによって体重はもとより、糖尿病や心血管疾患のリスクを低減できると研究者は述べていた。

ホント、チョットした努力っす!!

#カロリー制限 #ダイエット #努力はコツコツと #コレステロール #血糖値