水分の多い食材を意識しよう!

水分の多い食材を意識しよう!

ウチの患者でも、既に熱中症でブッ倒れが数名。気をつけて下さいナ。

さて、人間の体重に対する水分量は、乳児で約70〜80%、成人で60%、高齢者は約50〜55%と言われている。年齢とともに、カラダに保有する水分量が減っている分、意識して水分摂取を心がけねばならないが、実際はなかなか難しい。

水を飲むばかりでなく、水分の多い食材を意識する事も重要。 俗に"ぶら下がり野菜"と呼ばれる夏野菜は、水分を豊富に含んだものが多く、トマト、なす、きゅうり、冬瓜、ズッキーニなどがあり、きゅうりは95%が水分、トマトは94%が水分で豊富。 水分だけでなく、汗でなくなるミネラルを自然と補給することが出来る。 スイカ、桃、ぶどう、なしなどの果物も水分が豊富で、食欲の落ちたときには、果糖が豊富な果物はエネルギー補給にも役立つ。

それ以外にも主食である炭水化物であっても、パンの水分量は、30〜35%ほどだが、米飯の場合60%が水分。粥にすると83%が水分。パンと米では倍以上違うことが分かる。

夏バテで食べれないでは無く、シッカリちゃんと食べないから夏バテる。 大人も食育シテクダサイ。

 

#熱中症 #脱水症状 #水分補給 #夏野菜 #夏バテ予防 #夏のスポーツ