結局他人の為じゃ無くて自分の為

結局他人の為じゃ無くて自分の為

どうやら近隣で年数回やってる某イベントがもうやらないらしい。そんなのこの10年で二件目。

会社員時代、様々なスポーツ系のイベントに携わった。上司・先輩によく言われたのが、「誰の為、何の為にやるのか?!」と言う事。 

例えば商品を広めたいと言っても、自分が儲ける為にやるのか、商品を手に取ってくれた人が幸せになってもらう為にやるのか。前者は必ず嘘をつく。そもそも自分が嘘をついている事にも気がつかぬ。

イベントならば、多くの人に来てもらわなければ何も始まらない。近隣の人に来てもらいたいなら、その工夫や努力をまず第一にしたのか、大切にしたのか。

正直あまり好きでは無い某音楽家の人が、チャリティーでとある演奏会を何十年も続けている。何よりも聴きに来てくれる人の笑顔を一番大切にしていると言っていた。そこはとても尊敬した。

自分、一人称目線の意見や考えを、絶対正しいと思って疑わない人間が多過ぎる世の中。自己犠牲とまでは言わないが、もう少し他人の立場に立って物事をと願う。

#自己中 #継続は力 #柿生 #麻生区 #イベント #スポーツ障害