子供・青年の注意欠如・多動症と食事の関係

子供・青年の注意欠如・多動症と食事の関係

先日、小児および青年における食事パターンと注意欠如・多動症(ADHD)について評価した研究が海外から報告されていた。

それによると、甘味料や飽和脂肪酸を多く含む食事は、ADHDリスクを増大させる可能性があり、果物や野菜を多く取るような健康的な食事は、ADHDに対し保護的に働くと言う事だそうだ。

んンまぁそうでしょうねぇ。 食べたモノが身体を作るのですから、食育は重要。好き嫌い、食べず嫌いを容認する世の中になりませんように。

#食育 #ADHD #多動症 #スポーツニュートリション #何でも食べる子