子供患者の来院理由昨今

子供患者の来院理由昨今

予防の意識、コレばっかりは世界中、どの医師の方も頭を悩ます一番の懸案事項。喫煙、飲酒、成人病。 大人で、しかも健康問題が出始めているにもかかわらず、意識は低い。 まぁ、書いていて耳が痛い。

若ければ若いほどその意識は低い。子供が将来心配だからと言って、進んで歯医者に行ったりはまずしないだろう。子供より20代、30代の方がむしろ悪い。

子供の患者の場合、本人以上に親がとても不安で連れてくる。その不安に応えるべく全力で応対するが、まだまだ努力不足のせいか、全員に理解して頂くには至っていない。

今年に入って痛い子供より、動きが変、走り方が変?とか、身体が硬すぎて何とかしてほしいとかの相談が多い。通常より筋骨格以外の問題が多く、説明は更に困難。もっと勉強しておけばよかったと、日々葛藤。

子供の最大のサポーターは親。コーチよりも医師よりも、子供のコンディションを一番分かっている存在。 ゆえに目の前の事象を正しく理解せねばならない。

原因は一個では無い。多因子多要因。当然注意せねばならない事も数多くあり、段階的にクリアせねばならない。 原因を見つけてさえもらえれば、それを改善する体操を教えてさえくれれば治るなど、まず絶対無い。だが、気持ちは分かる。

日々小さな一歩であるが、前へ進もう。

#子供のスポーツ障害 #スポーツ整形 #スポーツ整体 #スポーツ接骨 #スポーツマッサージ