パターンとその確率

パターンとその確率

一日にぎっくり腰が何人も来たり、今月膝痛い人ばかり来たり。必ずパターンがあり、理由がある。 ぎっくり腰にシーズンがある事は過去何度も話しているが、それと同じ。

特に初診時はもの凄く良く分かる。 治らない、ちゃんと来ないのがすぐ分かる。 だが、その事に本人が一番気がついて無い。自分自身の事であるのに。

大人であれ子供であれ、スポーツをやっているのなら、障害発生はかなりの高確率で予想が付く。長年、某チームからはアドバイスだけ求められる。まぁ、無償。あぁ無情ジャ無いだけマシか。

子供の親にはその事を、丁寧に熱く語る。分かり切っている怪我でスポーツを休んだり、スポーツを嫌いになってもらいたくないから。 分かってもらえる人が一人でもいる限り、日々全力を尽くす。 残念ながら性分なので変えられない。

真面目な話からこのネタはどうかと思うが、昨日休診日、知人友人患者たちの間で最近少々話題のラーメン屋に行ってきた。結果はかなりモヤっとした感想で終わりなのだが、夕方患者から「今日平日代休だったから、例のラーメン屋に行ったんだけど、かなりモヤっとしたお店だったよ~~」と連絡が。  何故同じ日ナンダヨ!!www

仲良い患者とは行動パターンが同じって事。 あ、だから仲イイのか。 規則正しい生活を。

#ラーメン #スポーツ障害 #子供のスポーツ障害 #スポーツ整形 #スポーツ整体