筋肉痛の裏に隠れた恐ろしい病気

筋肉痛の裏に隠れた恐ろしい病気

令和最初のネタは、少々武勇伝、自慢的に解釈されるかもだが、ただ事実を書くだけ。

当院では昔から初診時血圧測定、時に体温や眼底検査も行う。それらによって過去何度も事前に大病を見つける事が出来た。その殆どがドアを開け、診察室に入ってきた瞬間、動きや顔つき、最初に発する言葉で。

数年前は、ぎっくり腰だと言ってやってきたが、軽度だが脳梗塞であったり、先日は筋肉痛だと言ってきたが、CPK値異常を疑った。外れてほしかったが、残念ながら結果も予想通りに。心筋梗塞...

何年も健康診断に行っていないと言い、極力病院へは行きたくないと言うが、資料を使い、嫌われるの覚悟でしつこく説明をした。 普通は二度と来なくなる患者が多いのだが、その患者さんは信用してくれ病院を訪れてくれ、帳票を持って笑顔で二回目も来てくれた。 本当に病院に行って、此処へ来て良かったと。

筋骨格系起因による慢性運動器疾患と言うのが、小生の専門だが、他の理由じゃ無いと分かるから診る。逆を言えば、だから他の原因も分かる。病院ですらバイタルサインをチェックするのに、何故設備もやれることも少ない我々はやらないのだろうか。

誰かが何かを見落としているから治らない。治す側だけに限らず、患者本人も何か考え違いで見落としている。それを見つけるのが我々民間療法の仕事。 たとえ嫌われたとしても、熱意を持って伝え続けなければならない。

良くなる可能性があるなら、妥協する訳にはいかない。 まだまだ知らない事、分からない事が沢山あるのだから。 更なる良い出会いを。

#血液検査 #血圧異常 #バイタルサイン #脳梗塞 #出会い #求人募集 #スポーツ整形 #スポーツ整体 #ぎっくり腰