こだわりのない商売

こだわりのない商売

歳をとったせいか、感は鈍ったが、物を見る目はだいぶ養われ、鼻は利くようになった。特に胡散臭いモノには。

良いものをから、売れて儲かるものへとなったアパレル会社、単なる金貸しに成り下がったIT企業、 どこどこ産と書きゃいいと思ってる飲食店、とか。 そんなところへ客としていくのも阿呆だが、勤めるなど頭がおかしいとしか思えん。

目の前のその人間、本当にこだわって突き詰めて生きている者か。

こだわりとは信念に近いもの。 第三者から客観的に見れば、常識的にすぐ見透かせる。 軸がブレてる。

だが、何がしたいかわからないという言葉を耳にした場合、半分は理解出来ぬ聞く側の問題もある。

100人全員にとはいかぬ。時間はかかる。 挫けず諦めず努力を続けていれば、必ずそのこだわりは報われる。 その気持ちの手助けだけは全力でしたいと常に思う。

その先にある未来の為に。

#信念 #こだわり #職人 #IT企業 #未来