ジョギングのフォーム、ランニングのフォーム、移行期のフォーム。

ジョギングのフォーム、ランニングのフォーム、移行期のフォーム。

コーチ、指導者では無い立場の人間は技術やフォームを教える立場に無い。 しかし、その取り組み方が間違えている場合、目的にあった目標設定はするべきである。

小学一年から雨でも合羽を着て走っていた、走らされていた。昭和の星一徹的でに。 お陰で中学3年に上がる頃には両膝疲労骨折していた。

誰も何も教えてくれない、何も情報が無い時代。 どんなに痛くても、何軒病院行っても検査だけで何もしてくれない。何処へ行っても同じ。 当時創刊したばかりのランナーズ誌をかってもらい、穴があくほど読んだ。後に仕事でランナーズさんと長くお付き合いをしたのだが、イイ話題になった。

今は比べ物にならないくらい情報が、簡単にたくさん手に入る。しかし、本当に必要な情報を探すのは、昔の何倍も困難だ。

たとえば新聞や有名雑誌、ネットだとヤフーやグーグルに広告を出す場合、昨今制約や条件、ルールが厳しい。 しかしそのルールは、必要な情報が欲しい者にとって本当に一番大切なものであるのだろうか?!

痛くて悪くてなかなか治らず、何軒も病院や街の治療院へ行っても治らない患者が、更にその枠を超えた情報を得たいと思っても、肝心のネット上の情報が何よりも一番その枠を超えていないのが現状である。

よく文章の行間を読む、なんて事を言うが、運動でも目には見えないが必要な動きと言うものがあるのだ。赤ん坊にハイハイからイキナリ無理矢理立たせないのと同じで、歩きからジョギング、ジョギングからランニングへの途中で必要な、学ぶべき動作があるのである。

自分に必要な情報を得るのは本当に難しい。 いずれは時代に合わせて変化していくのだろうが、それまでは是非諦めないでより良い出会いを探してほしい。

#ネット検索 #ヤフー #グーグル #ランナーズ #ランニング #スポーツ整体 #フォーム