ポン太がこれだけは譲れなかった事。

ポン太がこれだけは譲れなかった事。

昨日はまだまだ引越しの後片付けが続く中、昨年末に亡くなったポン太の四十九日の法要で、午前中お寺に行ってお経をあげてもらってきました。 突然決まった院の引っ越しのバタバタでだいぶ遅れてしまったのですが。

急に決まった引越し。ひと月ちょっと間、寝る間も惜しんで作業の毎日。それでもとにかくすべてが怖いくらい順調に事が運びました。ただ一つ、思いと異なった事がありました。

それはペットの件。 自宅も前院もペットは問題無かったのですが、今回の物件はペット禁止。当然現在は居ないので問題無いのですが、何度も何度も念押しされてしまいました。

家族の様に動物を愛していた身としては、正直何度も念押しされて悲しい気持ちになりました。ですが全てを自分の思い通りなんて事が、虫が良過ぎます。思い通りと同じ数だけ我慢もせねば。にも拘らず、今回は上手く行き過ぎたのです。

きっとポン太が、「まだ他の犬を飼わないで」、もう少し家族だけで一緒に居させてと言っているのでしょう。天国で色々移転引越しの手配してくれたポン太が、今回唯一きっと譲れなかったところだったのでしょう。

お寺で分骨アクセサリーにお骨を入れて頂き、ポン太とそっくりなぬいぐるみの首にかけて今日から出勤です。今まで一緒に入れなかったお店にも、これからは一緒です。 のんびり、一歩一歩前に進みたいと思います...

#ポン太 #愛犬 #ずっと一緒 #ミニチュアダックス #ブラック&タン