捻挫の最中にやる事。

捻挫の最中にやる事。

どんなに痛くても、練習休みなさい、試合止めなさいと言った事が無い。 ある意味一つの信念。

止めれるぐらいなら、そもそも来て無いデスよね?! その問いかけにどれだけ熱く応えられるかによって、此方のやる事やれる事は変わる。 数年前なんか、高校生活最後の大会前に道で転んで足指骨折し、それでもどうしても試合・大会に出たいとバドキャプテン女子に頼まれた事がある。 そもそも無茶だが本人の決意は固く、母親とも話し、指に負担のかからない動き方を一週間かけてみっちり訓練した。 武勇伝でも何でも無く、そんなの毎日何人も。 ウチはそんなトコ。

ブレ無い目的をシッカリ持ち、あとはそれに向かって具体的に目標設定をし、コツコツ実践するだけ。 我々が出来る事は提案と協力。 全てが本人次第。 道さえ間違え得ていなければ、必ず誰か協力者は現れる。 同じくらい熱い先生を見つけて、是非相談してみて欲しい。 捻挫でも走れるようにしてもらえるから。