体脂肪の低すぎがダメなワケ。

体脂肪の低すぎがダメなワケ。

患者からの質問。 友人が体脂肪ひとケタ台にメラメラしているのだが、実際どうなの?と。

今どきググれば小生より専門家が詳しく書いているんでそちら参照だが、まずエネルギーの問題。 体脂肪率が低すぎると筋肉を分解してエネルギーを作ろうとし、結果体温や筋力の低下につながる事になる件。 俺はシッカリたんぱく質豊富にとってるから大丈夫!というが、そんな極端に偏った事すると、そのうちアタマ剥げてハラ出るわ。 そんな元ボディビルダー何十人も知っている。 まぁ、個人の自由だが。

イヤミでは無く、話を戻そう。 たしかにシッカリたんぱく質を取る事は大事。 問題なのはバランスが悪い!ところ。 たんぱく質大量にとって糖質制限してで、実を伴わない見てくれ重視。 本物のアスリートは決して偏った事などせず、バランスを重んじる。 おっと、またイヤミを書いてしまったが、たんぱく質の過剰摂取は肝臓や腎臓に負担をかける。 此れはマズイ。

それと負荷をかけ、強度を上げたトレーニングをすればたんぱく質の消耗も多くなり筋肉量も増えるが、あるデータで中高年では同時に、筋肉だけではなく脂肪も増えているという場合も多いとある。 40代は中年デス。(爆

もうひとつ、体脂肪率の低下は体温の低下につながる。 体温の低下は免疫機能とも深くかかわっており、体温が1度下がるだけでも免疫力が大幅に低下すると言われている。 お肌ガサガサで、髪ゴワゴワ。 女性はホルモンにも影響するので特に気をつけたい。

以前、某有名女性マラソン選手がナンチャッテアスリートが多過ぎる!と書いたコラムは超有名。 周りが見えなくなっている大人が多いって事は、それだけ世の中平和なのかもしれないのだが。

まぁ何事もホドホドにである。