腹腔内圧力と髄液圧

腹腔内圧力と髄液圧

先日のランニング、腹圧、体幹トレーニングの続きのお話し。 

フォーム変えれば、体幹鍛えれば問題解決だなんて、勿論そんな短絡的な単純な話しでは無い。 ケアとは何かを真剣に考えている者には、必ず面白いと思うネタを少々。

我が院では開院以来、日常の治療に眼底検査も取り入れている。 昨今、小学校の校則のようなルールでしか仕事が出来ず、本質を読めず伝えられぬ人間のせいで、本当に必要な情報が入手できぬ世の中。 当然此処からの話は理解できぬだろうし、面白くも無ければ参考にもならぬだろうが、まぁ、簡単に書く。

眼底所見からは様々な疾患を読みとる事が出来る。例えば神経乳頭から自発拍動、髄液圧を読みとり、その髄液圧変動因子のひとつである呼吸に基づく胸・腹腔内圧の変動、静脈圧の上昇、またこれに伴う様々な静脈の状態との関連を考える。

トラブルが起きぬように、日常から心がけるのかケア。 たかだか頭痛・吐き気と片付けず、その裏に隠れている問題も考えてこそ、正しく管理・指導が出来るのだ。

では実際そのような管理・指導は誰がしてくれるのだろうか? くだらない資格やルールで本質に誰もたどり着こうとしない、辿りつくのを阻害している変な世の中。 誰もやらぬなら小生がやる。 ただそれだけで生きている。 

だからと言って自分一人の力で全てやってる訳では無い。 前職の経験、出逢った仲間や人達。それと日々色々学ばせてくれている患者の方々。 それこそ倍返しする為に、今日も精進。