ぎっくり腰を楽にしますか、治しますか?

ぎっくり腰を楽にしますか、治しますか?

さすが連休明け、ぎっくり腰が来る。今月既に何人来た事やら。

数年ぶりにやって来る患者は、皆気まずさそうに、すまなそうにやって来る。 昨日来た数年ぶり患者も、「8月9月はぎっくり腰多いって言ってたもんねぇ~」と苦笑いしながらやって来た。 痛くて辛いのに、笑顔しなくて良いからねっ。www

其れに対して、新規のぎっくり腰患者の多くは何故か上から目線。 「原因は何だ!速く治せ!」という割には説明しても理解する気ないし、ちゃんと治す気も無い。 患者が悪いのでは無い。今までそういう治療しか受けてこなかった事実が悪く、そういう治療しかしなかった治す側が悪い。

筋力不足と運動不足のせいにされ、歪み直すから運動してね!的な治療。 ソコ180度違う。 其れを既存患者は既に理解しているから気まずく苦笑い。

楽にする治療と治す治療はまるで違う。 そのヒントを昨日の膀胱内圧力の話から感じ取れたら必ず治る。 人間、読んでも聞いても理解する能力が無ければ無駄なダケ。 共に歩み寄り、理解し合おう。