ウチの患者は誰ひとり、高山病にならなかった、させなかった話。

 ウチの患者は誰ひとり、高山病にならなかった、させなかった話。

コレでも一応アウトドア事業部にいた事がある。 そんな関係でMERRELLを今でも取り扱っているのだが、正直ヘッポコ。 低山専門でガチ山登山は無理。尊敬する。

と言いながらも患者連れで、過去四回富士山にも行った事がある。 行楽トップシーズン、毎週末必ず何名も山へ行く患者がいる。 で、今年もみんなで何処か登りに行こうよ~!と言われ続ケ... ハイ、、もう少々お待ちクダサイな。

当然一緒に連れて行ってくれという患者は皆初心者。流石に他人連れは責任もあるので、富士山クラスはガイド経験・資格のある患者に必ず同行してもらう。

で、問題は体調。 途中高山病だけは絶対避けたい。 『高山病はヨ~、どんな屈強な奴だってなるときゃなるんだヨー!』と、山屋の知人達は良く言うが、コチトラそういう訳にゃいかねぇんダヨー!!

シンプルに単純に病態解明。要は高地で低酸素で拡張型頭痛がベース。 今さら偉そうに言う話しでも無い。  だから毎回患者には、登山開始数時間前から鉄のサプリを飲んでもらう。 人によっては登山中にも。 その甲斐あって、初心者20名ほどで富士山登っても、誰ひとり高山病にはならなかった。 いや、正確には飲まなかった男性一人だけ撃沈していた...

昨晩も週末レースがある患者にちょいっとアドバイス。 まぁ、やるかやらないかは本人次第ダケどねっ。

連休が続く今月コレから。 皆さん、良い行楽を!