体育会系大学生のご両親

体育会系大学生のご両親

体育会系大学生の患者の子。 わりと本気の体育会系の子たちで、みな年単位で治らず、色んな院を渡り歩きやって来る。 しかもその多くの子たちが我が院の近所では無く、小一時間ほど離れた所に住んでいる。 

離れているのは自宅や大学だけでは無く、基本その多くの子の実家が遠方。 九州や北海道、昨年は愛知県、現在は北関東と熊本県。 そんな遠方・地方から、ご両親がネットで探して連絡してやって来る事もある。 さぞかし本人も諸々心もとなく寂しいだろうが、さらに両親は不安の大きさは計り知れぬ。 

患者の子たちには現在の身体の調子、良くなってきている報告はご両親に連絡して伝えなさいと助言する。 そして何か聞きたい事があるようなら電話してきて良いよと伝えなさいという。

大学卒業の日、東京を引き上げる日にわざわざご両親が小生に会いに来てくれる。 むしろこちらの方が合いたくて、彼の4年間の頑張りや成長など、伝えたい事が山ほどある。 逆に勉強させてもらった事が沢山ある事も伝えたい。

治療とは誰かが何かで治す物では無い。 皆が気持ちを合わせて治す物。 誰か一人でも他人頼りな思考や行動をとってはダメなのだ。  欲と愛情は違うのだから。

そんな周りのみんなの気持ちに応えて、夏の合宿も頑張れ!!