安全と健康の優先順位

安全と健康の優先順位

小生より少々若いが、長い付き合いの男性患者。 ビールもラーメンも、たまに一緒に飲み食いに行く仲。  スポーツクラブにも通い自己管理もしているが、それでも寄る年波には勝てず、健康診断では相応の指摘が入る。

我が院の2階には患者専用のトレーニング施設がある。 だが患者達に決して小生の方から絶対使え!とは言わぬ。 知識や理論、理屈でなおるなら、世の中みな健康で安全で平和。 タバコの害だって皆知っていても辞められないし、交通事故だって運転技術も交通ルールを皆会得して運転している。 事故はモラルとマナーが多くの原因だ。 肥満だってそう。分かっていても痩せられない。 分かった気になって初めても、すぐに飽きてリバウンド。

先述の彼からメニューを作って欲しいと言われて、2階で指導しトレーニングを開始してすぐに健診データ改善。 ウチはそういうところ。 運動療法は骨肉痛い辛いでは無く、健康の大原則で、最も継続的にせねばならぬ事。 どこ鍛えれば、何をすればでは無い。 メニューを作るスキルは技術や知識だけでは無いのである。

「妻に、痛くも無いのに何故通うの?と言われたんです」と、男性患者達から過去何度も聞いた事がある。 食事だけですべてが健康に出来るのなら、体重が重く無ければ痛くないのなら、スリムな人は痛み・辛さは皆無という事になる。

安全と健康、お金と時間。 一家の大黒柱の諸君、頑張れ!!