感謝される仕事と喜ばれる仕事。

感謝される仕事と喜ばれる仕事。

学生時代、頭も悪いクセに変に真面目だった。 真面目というより融通がきかなかった。 仕事も人に感謝される働きをしたい、仕事をしたいと決めつけていた。 喜びよりも感謝がテーマだった。

しかしそんなに自分が思っているほど良い人間である筈も無く、感謝されるように働いている仕事している、感謝されるでしょう、するでしょう、されて当たり前でしょう~で、ナンで感謝しねぇんダヨこんちくしょー!!時もある。 コリャ完全にダメ人間、向いて無い。

この話を同世代のある男性患者に話したら、「そんな風に考えた事無いなぁ。 俺の仕事は感謝も喜んでももらってないなぁ~」と謙遜して言っていた。 まるで全然そんな事は無い!大手の会社に勤めるその彼、仕事も忙しく、小生と違ってちゃんと家庭も持ち、かつ週末はボランティアで20年以上前から子供たちをキャンプに付き添いで行ったりしている。 休日なんか微塵ンも誰かにほどこすなんて無い小生とはまるで真逆。 神様みたいだ。

若い時にもっと自分を見つめ、理解し、進むべき道を真剣に考えるべきだったと後悔。 やりたい事だけで進むんじゃ無かった。 

今は今できる事を日々全力でコツコツと。 コッソリ吐く毒はご勘弁を...