その自転車にランニング、時間と質は大丈夫?!

その自転車にランニング、時間と質は大丈夫?!

真夏で炎天下、皆さんスポーツご苦労様。 昨日も男性の患者さんと短時間でガッ!と走ったのだが、充実と時間が比例では無い事を認識してもらいで。

まぁ、趣味は基本不毛。 時間とお金をドハマリ使いの大人満載。 そのお陰で消費という物は促される。 昔からスポーツメーカーに勤める人間の間で言われている悪口、「スポーツマーケットは一割のアスリートと九割のバカで支えられている」 。 笑える貴方は社会人としてのスキルの高いからご安心あれ。

真逆で低い例を最近あげるとすれば、一分でも一秒でもその趣味に接していたい欲望を抑えきれず、結果タイムも伸びず身体も痛め。 あるロードレーサーの少年に通勤通学での練習はリスクもあるし、質の高い練習には中々ならない事を伝え続けたが、理解するのに一年半ほどかかった。 ダラダラ走りは悪い癖も付けるのだという事を自分自身で理解せねばならない。 お陰で今は日本でトップレベル。

ドハマリで膝・腰痛めて近場のスポーツ整形行って手術して、2週にいっぺんのリハビリでは満足せずで、ネットで都心のトレーナー探して行って、「前みたいに走れないケド~、○○トレーナーのお陰で走れるようになりました~~!コレからは楽しんで走りマース!!イェ~~イ!」 って、ピースして写真撮ってSNSアップして。   ありがちありがち。  ま、結局治って無いんだケドね。

不毛でもイイじゃないですか。 だが安全と健康は全てに於いて優先するという事をお忘れ無く。

と、数字は内緒だが自分の誕生日に毒吐いてミマシタ。  オシマイ。(爆