年齢なんか関係ナシ!熱中症の怖さ!!

年齢なんか関係ナシ!熱中症の怖さ!!

オーストラリアの研究チームが、2000~16年に発表された熱中症関連文献のレビューを検証・調査した結果、熱中症90例のうち、約2割が死亡、約2割が長期の神経学的後遺症を患っていたことが分かったと報告していた。

神経学的障害のある患者の7割以上が長期の小脳機能障害を有しており、小脳構造が熱に弱いことが示唆された。 さらに、神経学的障害のある患者で転帰が判明している生存者のうち、永久的神経学的障害を認めたのは34.4%で、その多くは若くて健康な症例であった事からも、年齢や合併症に関係なく、熱中症の予防および治療に積極的な介入が必要であると、研究チームは注意喚起していた。

たかが熱中症と侮るなかれだ。