30歳男性は3人に1人、女性は65歳までに5人に1人。

30歳男性は3人に1人、女性は65歳までに5人に1人。

日本の研究グループからの発表で、30歳の男性は3人に1人、女性は5人に1人が65歳までに2型糖尿病を発症する可能性があることが分かったそうだ。

、ベースライン時に糖尿病を有さない11企業で働く30~59歳の会社員、男性4万6,065人、女性7,763人、計5万3,828人を対象に、最大で7年間追跡調査した。

解析の結果、30歳から65歳までの2型糖尿病の累積罹患率は男性が34.7%、女性が18.6%であることが分かった。 BMIで層別して解析したところ、2型糖尿病の累積罹患率は男女ともに肥満と過体重の人では、BMIが25 kg/m2未満の適正体重あるいは低体重の人と比べて高いことも明らかになった。

今回の結果から、日本人の会社員は男女ともに2型糖尿病になるリスクが高く、特に若年の肥満者を対象とした2型糖尿病の予防策に力を入れるべきだと研究チームは強調していた。

ラーメン好きな諸君、小生も含めご注意あれ。