怒涛の6月

怒涛の6月

毎年前半戦のヤマ場は此処。 この2週間が怒涛。 通常10~20時受付なのだが、8~22時でも今週は既に空きゼロ。キャンセルに期待だが、 昨日も終日電話が鳴りやまぬ感じ。 まぁ、それ過ぎれば昼寝出来る日も有ったり無かったりナのだが。

何故此処が怒涛なのかは過去何十回も書いているので割愛だが、当然理由がある。しかもかなり多くの人に当てはまる理由が。 それでも多くの患者が心当たりが無いと言う。 其処が一番の原因で問題、治すポイント。 直すだな。

肥っているから痛いのなら、痩せてる者は全員痛くないのか? フォームが悪いから痛くなるのなら、一流のオリンピック選手はフォームが良いから痛めないと言うのか。 そんな目に見える場当たり的な原因など、間違っても根本などとは言えぬし、むしろ胸張って言える人間を逆に尊敬する。

共に探し、共に歩む。 そして共に喜ぶ。  引退して卒業して、進学して就職して。 そんな子たちの顔を、春から二ヶ月たって来なくなっても元気にしてるかなと日々思い出す。 今日も笑顔でいられるように。