治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン

治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン

先月厚生労働省は、『事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン』(2016年2月作成)に、難病に関する留意事項、企業・医療機関連携のためのマニュアルなどを追加・更新したガイドラインを発表した。(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000115267.html

事業場が、がん、脳卒中などの疾病を抱える患者に対し、適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い、治療と職業生活が両立できるようにするため、事業場における取組などをまとめたもの。今回、従来の留意事項の疾患である、がん、脳卒中、肝疾患に難病が追加された。

難病」についても「発病の機構が明らかでなく、治療法が確立していない希少な疾病であって、当該疾病にかかることにより長期にわたり療養を必要とすることとなる疾病を指す」と定義し、就労世代に多い主な難病として「潰瘍性大腸炎、クローン病」「全身性エリテマトーデス」「パーキンソン病」を挙げ、疾患概要を説明している。

「難病治療の特徴を踏まえた対応」「メンタルヘルスへの配慮」「難病に対する不正確な理解・知識に伴う問題への対応」をさらに企業などに求め、啓発している。 皆が幸せに働きやすい世の中を願う。