高齢者の歩数と死亡率

高齢者の歩数と死亡率

今回は日本人の高齢者を対象にした話し。

日本の愛媛の大学の先生が歩数計を用いて、歩数と全死因死亡率の関連を検討した報告があった。

身体的に自立している地域在住の71歳の日本人419人(男性228人、女性191人)が研究に参加。 1日の歩数は、ベースライン時に連続7日間、腰に装着した歩数計で測定。 1日平均歩数によって参加者を四分位に分けて(第1四分位:4,503歩/日未満、第2四分位:4,503~6,110歩/日、第3四分位:6,111~7,971歩/日、第4四分位:7,972歩/日以上)、平均9.8年間(1999~2010年)追跡した。

調査の結果、追跡期間中に76人(18.1%)が死亡、1日平均歩数の各四分位における死亡のハザード比(性別、BMI、喫煙、飲酒、薬剤服用を調整)は、最低四分位から順に1.00(基準)、0.81(95%CI:0.43~1.54)、1.26(同:0.70~2.26)、0.46(95%CI:0.22~0.96)であった(傾向のp=0.149)。 最高四分位の参加者は、最低四分位の参加者と比較して死亡リスクが有意に低かったそう。

今回の研究で1日平均歩数が多いと全死因死亡率が低いことが改めて分かった訳だが、後は本人の意識次第。 頑張りましょう、歩きましょうですね!