雷鳴頭痛と可逆性脳血管攣縮症候群

雷鳴頭痛と可逆性脳血管攣縮症候群

世界で最も辛いトウガラシとされる「キャロライナ・リーパー」。あのハバネロのデスソースより数倍辛いらしい某激辛ソースの原材料。 そんな激辛唐辛子を食べるコンテストが有る事自体アホだ。(笑)

そのニューヨーク州で開かれたトウガラシを食べるコンテストに参加した34歳の男性が、その直後から男性は吐き気を催し、さらに数日間にわたって激しい首の痛みと頭痛が数秒間持続する症状が繰り返しみられた。

救急科を受診し、さまざまな神経症状の検査を受けたが、異常は無し。 しかし、CT検査で脳動脈の一部の攣縮が認められ、可逆性脳血管攣縮症候群(RCVS)による雷鳴頭痛と診断された。 その後、この男性の症状は自然消失し、5週間後のCT検査では脳動脈が正常に戻ったそうだ。

まだまだ病態に不明な点が多いこの可逆性脳血管攣縮症候群。 脳血管の組織学的な狭窄や血管炎の所見が認められないことから、発症に最も重要な要素は血管緊張の調節障害と推定されているそう。 

過去には特定の処方薬や違法ドラッグに反応して発症する報告があったが、唐辛子摂取による報告例は初めてらしい。 まぁ何事も度を越してはいけない訳ですわ。 笑えなくなる前にね。