子供が寝る前に本読み聞かせてますか?

子供が寝る前に本読み聞かせてますか?

寝る前に子どもに本を読み聞かせてますか?

本の読み聞かせが親子の精神面や感情面、行動面や社会性といった心理社会的な能力にどのように影響するのかについて検討するため、香港の大学の研究者のチームが合計で約3,300組の親子(子どもの年齢は0~3歳または3~6歳)を対象とした19件のランダム化比較試験(RCT)のメタ解析を実施した。

介入群では対象者の親に読み聞かせのトレーニングを実施したり、読み聞かせの補助ツールを提供したりするなどの支援を行った一方で、対照群ではこうした支援を行っていなかった。 また、心理社会的な能力については、社会的感情の調整や行動面での問題、QOL(生活の質)、読書への関心、ストレスや抑うつ、育児の能力(parenting competence)、親子関係などの検査に基づき評価したそう。

親が子どもに本を読み聞かせることで子どもの言語や読み書きの能力が向上するなど、さまざまな効果が期待できることがこれまでの研究で明らかにされている。 幼児期に関しても本を読み聞かせると子どもの脳の発達が促され、学童期の成績も向上することも最近の研究で示されているそうなのだが、今回の解析の結果、親が子どもに本を読み聞かせることで、親子双方においてこうした心理社会的な能力が向上することが明らかになったそうだ。

他にも色々報告には書いてあったが、古くから世界中で見受けられていた親子での時間の過ごし方を、今一度見つめ直すのが良い時期に来ているのかもしれない。 小さいお子さんを抱えるお母さん、日々大変だろうがお父さんにも読んでもらいましょう。