頑張れない頑張らない大人が多い。

頑張れない頑張らない大人が多い。

唐突だが、練習って吐くほど倒れるほどするから上手く速くなれるもんだよナ。 いつまでもテロテロへらへらやっていて結果なんか出る訳無い。  ましてや好きな事ばっかやって大人を頑張ってる!って心底言えるか?! 好きな事は子供だって頑張れるって。

まだ当院にとって週半ばだが、既に今週はダメな大人と自分と真摯に向き合う若者&子供から勉強させてもらった。

小生は初診時全員に、この症状は何回ぐらいでよくなるはずだと必ず伝える。 

一年ほど前、立ってしまえば立てて歩けて動けるのだが、ひとたび寝てしまうと、毎朝自宅でも治療中院内でも起き上がるのに30分もかかってしまう。 見ているこちらの方が辛くて申し訳無かったのだが、ちゃんと週一毎週来てくれ予定通り5、6回でよくなった。 昨日一年ぶりに、しかも小田原からロマンスカー出来てくれた。 この一年ずっと調子は良かったらしく、超心配していたのでみんなでホッと胸をなでおろした。

今年の一月から来てくれている13歳のサッカー少年。 半年以上も膝痛く、整形・接骨にも通ったが良くならずで毎回電車を乗り継いで一人でやって来る。 そういう子は絶対良くなるし、絶対良くしてあげたい! 昨晩も「もうそろそろ、ウチともオサラバ出来るネ!」と言ったら驚いた顔をしながら、『月一回は来たいからー!』なんて言ってくれた。 これほど治療家冥利に尽きる事は無い。

治療は小生が、治療をする側だけで治すものではない。 むしろ成果の多くは患者の努力があってこそ実を結ぶもの。 治らない者、文句を言う者順に努力のレベルが低い。 そして渡り歩く。

知識や理論で治るなら、患者全員病院・医師が治している。 患者と一緒に治す、症状と向き合う努力を手に手を取り合って一緒に行う。  相性なんて言う言葉は治ってから言う言葉だ。 単なる好みと欲で使っているうちは、次から次へと必ず不具合が発生する。

変えたいなら変えなきゃ変わらない。 努力しだいである。