患者との信頼のきっかけ

患者との信頼のきっかけ

小生より歳はずっと下だが、もうかれこれ10年以上付き合ってる男性患者がいる。

正直当初は特に会話が弾む訳でも無く、普通に淡々と腰痛治療。 だが今では深夜に町田に集合かけてラーメン一緒に食べに行くほど仲好し。 腰痛以外にもできる治療は相談に乗るし、頼ってもくれるように。

そもそも何がきっかけで仲良くなったかと言うと、そのラーメンがきっかけ。 らーめんデスわ。

町田で急激にラーメン屋が増え始めたその当時、勢いだけで不味いとこ旨いとこゴッチャゴチャ。 客側コッチ側も、もう何が何だかなその時に、「ナンだかんだいっても、やっぱり町田なら "おやじ" だよねぇ~!!」と意気投合。 ハイ、もうそれだけで大親友。www

それだけでと言うのは冗談だが、会話の中から信頼と言うのは生まれるもの。 自分は色々話したくないけど、お前は話せ!! なんていうのはあり得んだろ。 だが実際はそんな人間が多いのも昨今。 当然色々やってあげたくても、やれる事しかできない。 

その時自分は希望が通って満足でも、結果自分の知らないところで自分が損をしていると言う、まことに残念な人生で人間。 信頼する前に、まず信頼してもらいましょう。